• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > アジア/メキシコ・南米西岸コンテナ航路新サービスの詳細決定

2006年03月01日
川崎汽船株式会社

アジア/メキシコ・南米西岸コンテナ航路
新サービスの詳細決定

 川崎汽船株式会社と株式会社商船三井は、2006年4月よりアジア/メキシコ・南米西岸トレードにおいて新サービス(NewAndes)を開始することを昨年12月5日に発表しました。

 この度、両社は寄港地などサービス詳細を決定しましたので改めて以下のとおりお知らせします。

【新サービスの概要】

  • サービス開始船: M/VCieloD’Europe2006年4月8日Chiwan出港予定
  • 2000TEU型コンテナ船9隻によるウィークリーサービス(川崎汽船5隻・商船三井4隻運航)
  • ローテーション:
    Keelung-Chiwan-HongKong-Xiamen-Shanghai-Qingdao*-Pusan-Manzanillo(Mexico)-Buenaventura-Guayaquil-Callao-Iquique-Valparaiso-Lirquen-横浜-Keelung
    (*Qingdao:隔週配船)

【新サービスの特徴】

  • スペース及びリーファープラグ数の拡充により、往復航とも大きく成長が見込まれるマーケットに対して安定したサービスを提供します。
  • 東航(アジア出しメキシコ・南米西岸向け)は、成長著しい中国マーケットへの対応を強化し、新たに3港(Xiamen/Shanghai/Qingdao)への直航サービスを始めます。なかでもXiamen/Qingdaoへの直接寄港は、他サービスに先駆けた本トレード初のサービスです。
  • 西航(南米西岸出しアジア向け)は、トランジットタイムが改善されます。チリ出しアジア向けでは、最速サービス(Valparaiso-横浜22日、Lirquen-横浜21日)で、マーケットのニーズに応えます。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ