• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 東京港大井コンテナターミナルにコンテナ・クレーン増設

2006年04月20日
川崎汽船株式会社

川崎汽船 東京港大井コンテナターミナルにコンテナ・クレーン増設

 川崎汽船株式会社は東京港大井1号・2号ターミナルにおいて既設のコンテナ・クレーン4基に加え、1基を増設し、本日供用を開始しました。

 我が国第一のコンテナ取扱数量を誇る東京港において当社が東京港埠頭公社から借り受けている大井1号・2号ターミナルは、当社コンテナ船事業にとって国内最重要拠点です。今後も引き続き安定的に高いコンテナ取扱能力を確保すべく、コンテナ・クレーンの追加導入を決定した次第です。

 尚、近年20フィートコンテナの取扱い割合が増えているという現状を考慮し、本コンテナ・クレーンは『ツインスプレッダー方式』(同時に20フィートコンテナを2個つかむことができる)を採用しております。これは従来の公社バースにはない特殊なタイプであり、また、早急な導入によるサービス体制の早期向上を目指し、当社自己保有という選択をいたしました。

 新コンテナ・クレーンの導入により、今後お客様へ提供するサービスの維持・向上が図れるものと確信しております。

型式
  • 製造 三井造船株式会社
  • 16列対応 (アウトリーチ 43.5メートル)
  • 定格荷重 50.0トン
  • ツインスプレッダー方式

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ