• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 新東南アジアフィーダーサービス開始の件

2006年05月18日
川崎汽船株式会社

新東南アジアフィーダーサービス開始の件

 川崎汽船株式会社("K" Line)は、2006年6月よりシンガポール船社New Econ Line Pte, Ltd (以下NEL社) と共同で550TEU型コンテナ船3隻を投入し、新たに東南アジアフィーダーサービス(ASECO-X2)を開始致します。

 これまでも当社とNEL社は1000TEU型コンテナ船2隻による東南アジア域内フィーダーサービス(ASECO-X)を共同で運航していましたが、2ループ目となる本サービスの追加によりタイ、ベトナム、マレーシア各港と主要東西航路をつなぐ自営フィーダーサービスとしてより広いネットワークと安定したサービスを提供致します。また、需要が非常に高まっているASEAN域内貨物に対してもより高品質な自営サービスを提供してまいります。

<新サービス(ASECO-X2)>

投入船 550TEU型×3隻
寄港地 ペナン - ポートケラン - シンガポール - ホーチミン - シンガポール - レムチャバン - バンコク - レムチャバン - シンガポール - ポートケラン -(ペナン)

<既存ASECO-X>

寄港地 レムチャバン - シンガポール - ジャカルタ - シンガポール - ポートケラン - シンガポール - レムチャバン - バンコク -(レムチャバン)

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ