• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 米国コンテナ・ターミナルでの排気ガス抑制に取り組む

2006年05月26日
川崎汽船株式会社

川崎汽船 米国コンテナ・ターミナルでの排気ガス抑制に取り組む

 川崎汽船(本社東京)100%出資の米国コンテナ・ターミナル運営会社 ITS(インターナショナル・トランスポーテーション・サービス)とロングビーチ港湾局(ポート・オブ・ロングビーチ)は、このたびITSが同港湾局と締結している35年間のターミナル借受け期間終了に伴い、当該施設の20年間新規借受け契約について基本合意に達しました。

 この新規借受け契約締結に伴い2007年以降カリフォルニア州大気資源局(エアー・リソース・ボード)による排気ガス規制法の施行に先駆け、当社はロングビーチ港に寄港するコンテナ船からの排気ガスの、またITSはターミナルで使用する荷役機器から排出される排気ガスの軽減措置を積極的に講じることで合意しました。

 南カリフォルニアでは増加の一途を辿る海上輸送貨物と寄港コンテナ船の大型化により、寄港船舶及びターミナル荷役機器からの排気ガスによる大気汚染問題が深刻化しています。
 川崎汽船はアジア・カリフォルニア定期航路に自社船を週2便10隻配船しております。このうち、中国・カリフォルニアの定期航路PSW-1に従事している5500TEU型5隻に陸上施設から船内必要電力を受電できる設備を搭載し、ITSに着岸中は陸上電源に切り替え、本船ディーゼル発電機を使用しない体制とします。これにより、着岸、荷役中の本船発電機からの排気ガスは事実上ゼロ・エミッションとなり、CO2、NOx、SOx、PM(Particulate Matter:微粒子)などの大気放出を大幅に軽減し環境保全に貢献するものです。受電設備搭載工事は2006年3月以降、本船の定期検査工事時に合わせ実施を開始しました。
 またITSでは2011年までにディーゼル・エンジンを搭載している全ての荷役機器の改装、代替もおこなうことにしており、船5隻への受電設備搭載とあわせ、当社グループで総額約25億円の投資となる見込みです。

 またロングビーチ港湾局は陸上電源供給設備の設置、及びそれに必要となるターミナルの改装工事を進めていき2007年末には中国・カリフォルニアの定期航路PSW-1に従事している本船の陸上電源使用が開始される予定です。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ