• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > アジア/中東航路改編の件

2006年06月02日
川崎汽船株式会社

アジア/中東航路改編の件

 川崎汽船株式会社(“K” Line)とシンガポール船社 Pacific International Lines(PIL)は2006年6月末より中東航路を改編致します。
これまでアジア/中東航路においては、当社、PIL及びマレーシア船社 Malaysia International Shipping Co.(MISC)の3社にて協調サービスを行ってきましたが、改編後は当社とPILの2社により2ループ(CSG及びMEX)を展開致します。

 新サービスにおいてはCSGループにおける本船の大型化・高速化によりサービスの安定化及びトランジットタイムの短縮を実現致します(例えば上海⇒Dubaiが従来の18日から14日となります)。また、需要が大きく伸びている北中国(青島)をはじめ高雄、Pasir Gudangを新たに寄港地として追加することで、より高品質なサービスを提供致します。

 また、川崎汽船、コスコン、韓進海運の共同サービスである南中国/中東サービス(SMX)については変更無く、当社のアジア/中東サービスは引き続き3ループにて展開致します。


<新サービス概要>

新CSG (China Straits Gulf)サービス

投入船型/隻数 2000TEU × 5隻(現行サービスは1200TEU型× 6隻)
新CSGローテーション 上海(火/水)-寧波(水/木)-厦門(金/金)-Singapore(火/火)-Port Kelang(水/水)-Dubai(Jebel Ali)(水/木)-Bandar Abbas(木/金)-Karachi(日/月)-Singapore(日/月)-Laem Chabang(水/水)-香港(日/日)
現行CSG寄港ローテーション 上海(土/土)-寧波(日/月)-Singapore(土/日)-Port Kelang(月/月)-Dubai(Port Rashid)(水/木)-Bandar Abbas(木/土)-Karachi(月/火)-Port Kelang(月/火)-Singapore(水/木)-Kuantan(金/金)-香港(火/水)

新MEX (Middle East Express)サービス

投入船型/隻数 1200TEU × 6隻(現行サービスから変更なし)
新MEX寄港ローテーション 青島(金/土)-上海(日/日)-高雄(火/水)-香港(木/木)-Singapore(月/月)-Dubai(Port Rashid)(水/水)-Damman(木/木)-Mundra(日/月)-Port Kelang(月/月)-Singapore(火/水)-Pasir Gudang(水/木)-Kuantan(木/土)-香港(火/火)
現行MEX寄港ローテーション 上海(月/火)-厦門(木/木)-香港(金/土)-Singapore(水/水)-Port Kelang(木/金)-Dubai(Port Rashid/Jebel Ali)(金/土)-Damman(日/日)-Karachi(水/木)-Mundra(金/金)-Singapore(金/金)-Laem Chabang(月/火)-香港(金/土)

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ