• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > ベトナム航路及び東南アジア航路改編の件

2006年10月06日
川崎汽船株式会社

ベトナム航路及び東南アジア航路改編の件

 川崎汽船は10月末よりベトナム(ハイフォン)フィーダーサービスのうちの2ループ(GEMCO-2及びGEMCO-3)及び日本-海峡地サービス(JASECO-5)を改編します。

 各ループの寄港地見直し及びスペースアロケーション拡充により、日本出し・日本向け共に、より確実かつ安定したスペースとスケジュールを提供いたします。

 サービス改編の概要は以下の通りです。

GEMCO-2 (450TEU型×1隻によるウィークリーサービス)

現 : ハイフォン(日/月) / 高雄(木/木) / 香港(金/土) / ハイフォン
新 : ハイフォン(日/水) / 香港(金/土) / ハイフォン

GEMCO-3 (500TEU型×1隻によるウィークリーサービス)

現 : ハイフォン(水/木) / 高雄(土/日) / ハイフォン
新 : ハイフォン(火/火) / 高雄(金/金) / 香港(日/日) / ハイフォン

JASECO-5 (1000TEU型×3隻によるウィークリーサービス)

 現在北航で寄港している高雄を香港に変更します。
 新寄港地及び寄港順は以下の通りです。
神戸(水/水) / 横浜(木/金) / 東京(金/金) / 名古屋(土/土) / 香港(水/水) / 黄埔(木/木) / パシールグダン(月/月) / シンガポール(火/火) / 香港(土/土) / 神戸

 この改編に伴い、現在高雄にて積換えを行っているハイフォン出し日本向け貨物につきましては香港積換えに変更となります。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ