• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > アジア/地中海航路改編の件

2006年11月07日
川崎汽船株式会社

アジア/地中海航路改編の件

 川崎汽船は、2006年11月より陽明海運(本社:台湾基隆)と共同でアジア/地中海航路を改編致します。

 アジア/地中海サービスにおいて、現在当社は陽明海運と共同で4300TEU型コンテナ船7隻(当社5隻、陽明海運2隻)を投入してAMS2サービスを運航する一方、陽明海運は2000TEU型コンテナ船6隻を単独配船してAMSサービスを運航しています。11月19日以降、北欧州航路に現在就航中の5500TEU型コンテナ船を順次投入することで、現在の2ループを1ループに統合致します。
 なお、改編後の新サービスでは現在のAMSおよびAMS2サービスの寄港地をすべてカバー致します。

 今後もさらにアジア/地中海間のトレード需要に対応したより充実した高品質なサービスをお客様に提供してまいります。

 サービス改編の概要は以下の通りです。


投入船 川崎汽船、陽明海運の2社共同で5500TEU型コンテナ船7隻によるウィークリーサービス
寄港地 上海-寧波-厦門-高雄-香港-塩田-シンガポール-ジェッダ-ポートサイド-ジェノア-リボルノ-フォス-ポートサイド-ジェッダ-シンガポール-香港-(上海)

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ