• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > LNG船の船舶管理体制変更について

2006年11月24日
川崎汽船株式会社

LNG船の船舶管理体制変更について

 当社はこのたび東京本社LNGグループLNG船管理室で行ってきた日本を含むアジア太平洋域でのLNG船の船舶管理を当社100%子会社であるケイラインシップマネージメント株式会社に移管致します。

 当社は1983年に本邦海運会社として初のLNG船の保有・船舶管理に携わって以来、安全運航の徹底に努めつつ、業容の拡大に取り組んで参り、現在31隻のLNG船の保有に関与、7隻(東京4隻、ロンドン3隻)の船舶管理を行っております。クリーンエネルギーとしてのLNGの需要は全世界的に拡大を続けており、2009年までには当社グループの成約済LNG船隊は48隻(うち15隻を船舶管理)に増加する見込みです。

 

 発電燃料や都市ガス原料としての高度な社会性が要求されるLNG輸送を安全且つ効率的に遂行するにはLNG船の船舶管理業務が非常に重要です。当社は当社グループの総力を挙げてこれに取り組んでいく一環としてアジア太平洋域でのLNG船の船舶管理を当社グループ内の船舶管理専門会社でLPG船や石油タンカー等の危険物輸送船を一元管理しているケイラインシップマネージメント株式会社に集約移管し、以って両者が蓄積してきた危険物輸送船特有の管理技術・情報・海技ノウハウを共有すると共に、当社グループ全体の良質な船員の育成・確保に取り組み、一層の安全運航管理を追求して参ります。

(1) ケイラインシップマネージメント株式会社概要

(2007年1月1日予定)

1. 設立 1972年2月16日(1994年に現社名に変更)
2. 所在地 〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目2番9号
3. 代表者 代表取締役社長 前田 周一郎
専務取締役   浦井 久夫
常務取締役   小島 茂
4. 資本金 75,000千円(当社100%出資)
5. 管理隻数 43隻(内、LPG船・原油・石油製品タンカー等の危険物船14隻)
6. 従業員 約90名

(2) 移管時期

2006年12月末までに移管手続きを完了、2007年1月1日よりケイラインシップマネージメント株式会社にて業務開始。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ