• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 145,000M3型LNG船“CELESTINE RIVER"竣工

2007年12月14日
川崎汽船株式会社

シェニエールプロジェクト向け145,000m3型LNG船
“CELESTINE RIVER"竣工

 この度、株式会社川崎造船 坂出工場において145,000 m3型LNG船 “CELESTINE RIVER”が竣工致しました。本船は当社グループのロンドンを拠点とする“K” Line LNG Shipping (UK) Limitedがリースの上、運航するLNG船であり、同社による船舶管理船となります。
また、本船は、当社グループが参画する32隻目となります。

 当社グループは従来からの日本でのLNG事業展開に加え、大西洋水域へのビジネスに積極的に取り組むべく英国および米国に拠点を構え、日本を含め三極体制をすでに確立させており、市場の動きをいち早くとらえ、短中期・スポット傭船への対応等今後多様化するLNG輸送ニーズに柔軟かつ積極的に対応すべく取り組んでまいりました。
本船の “K” Line LNG Shipping (UK) Limitedによる運航はこの取り組みに沿ったものであり、竣工と同時に米国のエネルギー会社シェニエールエナジー社(Cheniere Energy, Inc.)の子会社との最長10年間の傭船契約に投入され、“K” Line LNG Shipping (UK) Limitedによる今後の大西洋水域でのLNG船事業展開の核となることが期待されています。
 “K” Line LNG Shipping (UK) Limitedは、今後とも船舶管理および船隊拡張に取り組み、当社LNG船事業の大西洋水域を中心とした事業展開を進めてまいります。

 本船はモス球形タンク145,000m3の積載容量を持ち、世界の主要なLNGターミナルに入港可能な汎用性の高い船型であり、シェニエールエナジー社の米国基地向けLNG輸送を核としつつ、今後活発化が予想される世界各地でのLNGのトレーディングに配船され、お客様のご要望に適した効率的なLNGの輸送を実現致します。

【新造船概要】

全長 289.7 M 全幅 49.0 M
深さ 27.0 M 搭載重量トン数 77,163 MT
タンク形式・容量 モス型・約145,394 M3
(-163℃、98.5%において)
造船所 株式会社川崎造船

(*) シェニエールエナジー社:
AMEX上場のシェニエールエナジー社 (www.cheniere.com/) は、石油、ガスの採掘並びに生産、LNG基地およびパイプラインの開発、ガストレーディングを主業務とするエネルギー企業。現在米国テキサス州およびルイジアナ州に4つのLNG受入基地開発・運営プロジェクトを手がけている。


PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ