• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > JSWグループと10隻の超大型輸送契約を締結

2008年03月17日
川崎汽船株式会社

JSWグループと10隻の超大型輸送契約を締結

  当社は今般インドJSWグループ(本社ムンバイ)と、新たに合計10隻、各々10年間に及ぶ連続航海傭船契約を締結致しました。

【契約概要】

傭船者 JSW STEEL及びJSW ENERGY
船型および契約開始 パナマックス × 2隻 2008~2009年開始
ポストパナマックス × 3隻 2012~2014年開始
ケープ サイズ × 5隻 2011~2014年開始
期間 各10年間
貨物 原料炭、電力炭
積地 豪州、インドネシア、南アフリカ、中国など
揚地 インド西岸及び東岸

 JSW Group、JSW Steel社の粗鋼生産は現状約450万トンです。同社は既設のビジャヤナガール製鉄所の規模拡大に加え、ジャールカンド、西ベンガル州に2つの新規製鉄所の建設を決定し、2014年頃までに粗鋼生産は3,000万トン台まで拡大し、インド最大の製鉄メーカーになる可能性があります。 また、同グループの電力会社であるJSW Energy社も、その発電規模を2015年までに15,000MW(石炭火力、水力合計)にまで拡大する計画です。
 今回の成約は、これらの製鉄所および発電所で使用する輸入原料炭、電力炭の輸送のために、上記10隻の船腹を順次投入していくものです。

 契約上の積地は多岐にわたりますが、豪州炭、インドネシア炭をベースとすれば、この契約がすべて出揃う2015年時点での全輸送量は年間約1,200万トンに達する予定です。 また、運賃総額も同時期には、年間200億円を超える見込みです。

  当社は同グループと2008年開始のパナマックス1隻と2009年開始のポストパナマックス2隻の、あわせて3隻の連続航海傭船契約を既に決めており、今回の成約を合わせると2015年時点で年間約1,500万トンの石炭を輸送することとなり、同グループにおける4割強のシェアとなります。

左:JSW Steel社 Vice Chairman & Managing Director 兼 JSW Energy社 Chairman Sajjan Jindal 氏、右:川崎汽船 前川社長

(左: JSW Steel社 Vice Chairman & Managing Director 兼 JSW Energy社
Chairman Sajjan Jindal 氏、右:川崎汽船 前川社長)

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ