• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > WHL -“K”LINE 日本-中国-ベトナム協調サービス開始

2008年04月18日
川崎汽船株式会社

WHL -“K”LINE 日本-中国-ベトナム協調サービス開始

 川崎汽船(“K”LINE)とWAN HAI LINES (WHL、台湾) は、2008年5月より日本・中国・香港・ベトナムの主要港を結ぶ協調サービス(JCV)を開始します。

 このサービスは21日ラウンドの定曜日ウイークリーサービスで、寄港地は以下のとおりです。


東京 - 横浜 - 上海 - 香港 - 黄埔(中国)- ダナン(ベトナム)- ホーチミン(ベトナム)- 香港 - 蛇口(中国)- 東京
[ホーチミンにおいては、Cat LaiおよびVICTの2ターミナルに寄港]


 JCVは現在WHL単独運航のサービスですが、5月8日より“K”LINEが1隻、WHLが2隻を運航する770TEU型コンテナ船3隻による協調サービスとなります。また寄港地は、南航の蛇口に代えて黄埔が追加されます。

 この協調サービスの開始により、両社それぞれの持つ広範なアジア域内サービス網がさらに強化されます。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ