• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > フィリピンにおける新たなスカラーシップ制度について

2008年04月22日
川崎汽船株式会社

フィリピンにおける新たなスカラーシップ制度について
Cristal e-Collegeとの船員教育に関する提携締結

 この度、Kライングループはフィリピンの私立商船大学であるCristal e-Collegeと、船舶職員育成に関する提携のための覚書に調印を行いました。
 Kライングループでは、これまでもフィリピンの各商船学校から独自の奨学制度によるスカラーシップ制度を始め、ブリッジプログラム(工科大学卒業生を対象とした海技免状取得コース)のためのKラインクラス等により、フィリピンにおける船員教育に対して積極的に協力してまいりました。今回の試みは、これをさらに拡大・充実させると共に、Cristal e-Collegeとの強い提携により、Kライン独自の考え方を船員教育に直接反映させ、より高い資質を持った船舶職員の育成を目的としています。

フィリピンの私立商船大学であるCristal e-Collegeと、船舶職員育成に関する提携のための覚書に調印

 この提携により、フィリピン全土において高校卒業見込みの生徒(応募者約600名)を対象にKライングループ独自の選抜試験を実施し、これに合格した機関科奨学生24名(予定)が2008年6月同校に入学します。また、2009年以降は、毎年48名(航海科・機関科各24名)をフィリピン全土から選抜して同校に入学させることを予定しています。

 また、同校にとって海運会社とこのような覚書を交わすのは、これが初めての試みであり、同校においてKライングループの独自性も発揮できるものと考えています。 今後Cristal e-Collegeとのさらなる提携強化により、Kライングループとしてフィリピンにおける船員教育に積極的に協力しながら、その中でKライン独自色を出していくことにより、Kライングループの船舶職員確保をさらに安定的に進めていくこととします。


Cristal e-College概要

学校名 Cristal e-College
所在地 ボホール島 タグビララン市
現在籍学生数 186人
概要 2005年に開校した学校で2008年に初めての卒業生を出す。2007年度MSAPにて第10位に入る優秀校。
MSAP Maritime School Assessment Programの略で、民間船員雇用者団体が行った商船学校及びその生徒を評価する統一試験。同校は2007年度の試験で、10位の成績を収めた。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ