• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 南米東岸-北米東岸航路 コンテナサービス改編

2008年04月25日
川崎汽船株式会社

川崎汽船、韓進海運、陽明海運
南米東岸-北米東岸航路 コンテナサービス改編

 川崎汽船("K" Line)、韓進海運(HJS、韓国)、陽明海運(YML、台湾)の3社は、CSAV(チリ)との協調を通じて、南米東岸-北米東岸航路コンテナサービス改編します。

 現在、上記3社は他1社も合わせた計4社で1800TEU型コンテナ船4隻によるサービスを提供していますが、本年5月より"K" Line・HJS・YMLの3社は、当該サービスに代えて、現在CSAVが単独運航している同航路サービスに2500TEU型コンテナ船1隻を投入するサービス体制となります。

 新サービスの寄港地は以下のとおりです。


ニューヨーク - バルチモア - ノーフォーク - チャールストン - サンフランシスコドスル - サントス - リオデジャネイロ-サルバドール - ニューヨーク


 今回の改編では南米・北米双方で寄港地数も増え、お客様の多様なニーズに応える高品質のサービスを提供いたします。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ