• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > “K” LINE Vision 100 「確固たる安全運航体制」について

2008年07月10日
川崎汽船株式会社

“K” LINE Vision 100 「確固たる安全運航体制」について

 当社は、4月25日に発表した新中期経営計画“K”LINEVision100で掲げた、5つの取り組み課題の1つである「確固たる安全運航管理体制」について、船舶部門では次の3本柱を命題として取組んでまいります。

1.安全管理システムの充実

  1. グローバルスタンダードに当社独自のノウハウを取り入れた安全管理システム、マニュアル類の強化
  2. 検船指針の充実と検船体制の強化による品質向上と安全運航の推進
  3. 陸上の運航支援体制の強化によるグループ全体の情報共有の推進と、船主、運航船への情報ネットワークの充実

2.船舶管理体制の拡充

  1. インハウス管理会社を中心とした船舶管理体制
  2. 船種に特化した船舶管理
  3. 管理会社の拡充と体制の強化
  4. 管理船の品質管理

3.海事技術者の確保育成

  1. ケイライン海技者のための訓練強化および設備の拡充
  2. ケイラインインストラクターの養成制度の充実
  3. キャリアパスの適正運用
  4. キャデットプログラムの推進
  5. OJT訓練制度の確立
  6. クルーアセスメント制度の拡充およびアセスメントに基づく能力向上促進

 “K”LINEVision100においては、従来の計画にもあった『持続的成長』を引き続き掲げるとともに、その大前提となる各ステークホルダーとの互恵関係の重要性に鑑み、お互いに利益を受け合う関係を意味する『共利共生』を加え、「共利共生と持続的成長」と定め、顧客に安全で確実な海上輸送サービスを提供するために、安全運航の維持に地道に取り組んでまいります。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ