• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > ケイライン・マリタイム・アカデミー 第2回グローバルミーティングをフィリピンにて開催

2008年07月22日
川崎汽船株式会社

ケイライン・マリタイム・アカデミー 第2回グローバルミーティングをフィリピンにて開催

 当社は、“K”Line Maritime Academy (KLMA) 第2回グローバルミーティングを、2008年7月17日、18日の2日間、フィリピン パサイ市の当社研修センター KLMA(Philippines) において開催しました。
会議には世界各地のKLMAインストラクターの代表、インハウス船舶管理会社および関係マンニングエージェントの代表、前川社長を始めとする当社役職員を含め、総勢100名を超える関係者が参加しました。

 1日目のインストラクター会議では、KLMA(本部)およびKLMAインストラクターが、世界各地で行われている船員研修の現状や改善点について話し合いを行いました。
また、KLMAマスタープランの中で、重大海難事故を防止するための研修として位置付けているブリッジ・リソース・マネジメント(BRM)/ブリッジ・チーム・マネジメント(BTM)、エンジンルーム・リソース・マネジメント(ERM)/エンジンルーム・チーム・マネジメント(ETM)研修のデモンストレーションを、当社独自のガイドラインに基づいて行い、研修手法と重要なポイントを再確認しました。

 2日目の全体会議では、KLMA(本部)から船員確保育成の諸施策の進捗状況についての説明があり、各船舶管理会社からKLMAに対する提案と、各KLMAのインストラクターからは現地での状況や取り組みが紹介され、これらについて活発かつ前向きな討論が行われ、今後のKLMAへの取り組みについての認識が共有されました。

 この共通認識に基づき今回改訂されたKLMAマスタープラン2008に従い、当社グループ一丸となって当社の安全基準を満たした良質な海事技術者の育成と確保をさらに押し進め、これにより安全運航を確保し、当社ブランドである「安心・安全・信頼」の維持・向上を図り、中期経営計画“K”LINE Vision 100のテーマである、「共利共生と持続的成長」を達成して行く所存です。

前川社長の挨拶

前川社長の挨拶

全体会議の様子

全体会議の様子

BRM/BTM研修のデモンストレーション

BRM/BTM研修のデモンストレーション

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ