• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 日本-海峡地 / インドネシアサービス改編

2009年04月16日
川崎汽船株式会社

日本-海峡地 / インドネシアサービス改編

 川崎汽船は、本年5月中旬から東京船舶との2社協調により日本-海峡地 / インドネシアサービスを改編します。

 世界的な金融危機に端を発する荷動き減少に伴い、両社は現在各々が単独運航するウィークリーサービス、J4(川崎汽船運航)及びPGS(東京船舶運航)を共に隔週サービスに減便、交互に配船しスペース交換を行うことで引き続き高品質のウィークリーサービスを提供します。

 寄港地及び開始船予定は以下の通りです。

①寄港地

改編後のJ4・PGSサービス(1700TEU型船 川崎汽船2隻・東京船舶2隻)
大阪(水/水)、清水(木/木)、東京(金/金)、横浜(金/土)、名古屋(土/日)、神戸(日/月)、基隆(水/水)、マニラ(金/土)、シンガポール(月/火)、ポートケラン(水/水)、ジャカルタ(金/日)、シンガポール(火/火)、マニラ(土/土)、大阪(水/水)

[参考]
現行J4サービス(1700TEU型船 川崎汽船4隻)
神戸、東京、横浜、清水、御前崎、マニラ、ジャカルタ、シンガポール、パシールグダン、シンガポール、ジャカルタ、マニラ、神戸
現行PGSサービス(1200-1900TEU型船 東京船舶4隻)
大阪、清水、東京、四日市、名古屋、神戸、基隆、マニラ、シンガポール、ポートケラン、ジャカルタ、シンガポール、マニラ、大阪

②開始第一船

M/V ANDERSON BRIDGE V.006N (5月15日ジャカルタ入港予定)

 また、当社は上記の改編に併せて東京船舶運航のHLSサービス及びTWXサービスにおいてスペースチャーターによるサービスを開始いたします。

HLSサービス

東京、清水、御前崎、名古屋、神戸、レムチャバン、シンガポール、(*西アジア)、シンガポール、レムチャバン、基隆、東京
*西アジア港は当社サービスの対象外となります。
開始第一船: ACX MARGUERITE V.085E (5月16日シンガポール入港予定)

TWXサービス

東京、川崎、横浜、名古屋、神戸、南沙、カイラン、ホーチミンシティ、シンガポール、ジャカルタ、ホーチミンシティ、カイラン、香港、東京
開始第一船: GALLANT WAVE V.074S (5月13日ジャカルタ港予定)

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ