• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 特殊貨物積載検討のためのデッキ強度計算システム「Deck Strength Check」の開発について

2009年10月14日
川崎汽船株式会社

特殊貨物積載検討のためのデッキ強度計算システム
「Deck Strength Check」の開発について

 当社では、PCC(自動車専用船)における特殊貨物積載のためのデッキ強度計算システムを(株)エス・イー・エー創研 (本社:長崎県佐世保市 代表取締役社長 松尾 晃) との共同開発をすすめてまいりましたが、この度「Deck Strength Check」が完成しました。

 重車両貨物やMAFFI(ロールトレーラー)等の特殊車両の積載が可能かどうかを検討するためには、造船所支給の図面等だけでは貨物を積載するデッキの強度の範囲内にあることを判断できないケースが発生します。本システムを使用することにより、担当者が積付けの可否を短時間で簡単にチェックすることが可能となりました。本システムは東京本社のほか、海外主要拠点にも導入し、荷主殿からの多様な積荷の要請に応えることとしています。

【システムの概要】

目 的 重車両貨物が該当本船のメインデッキに積載できるかを検証するためのデッキ強度チェックを行う。
機 能 NK(日本海事協会)規則に基づき、「Plate厚さ」、「Beam強度」、「Girder強度」を計算し、検証結果レポートを出力する。
動作環境 Windows 2000以上(XP SP1) 日本語・英語対応

【検証結果画面の一例】

大型トラッククレーンの写真

大型トラッククレーン

デッキ強度計算システム「Deck Strength Check」の画面

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ