• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 中国浙江省の船舶修繕ドックに出資

2009年11月05日
川崎汽船株式会社

中国浙江省の船舶修繕ドックに出資

 川崎汽船は、韓進海運(韓国)・順和海運(中国)が中国浙江省に設立の船舶修繕会社Zhejiang Eastern Shipyard Co., Ltd.(ZESCO)が行う第三者割当増資を上海長江輪船(シノトランスグループ会社)と共に引受けることにより、同社船舶修繕事業に参画する4社合弁契約(JVA)締結に至りました。

 ZESCOは浙江省舟山諸島北部に位置し、総面積55万㎡、1,900mの沿岸線を占め、2本のグレービング・ドック(うち1本は30万トン級のVLCC、VLOC等の超大型船が、1本はケープサイズが入渠可能)、船体ワークショップ(13,000㎡)、1本の修繕岸壁に加え、塗装、機械・電装ワークショップを有し、年間150隻の船舶修繕が可能な修繕ドックとなります。また、第二期工事として3本目のドックと修繕岸壁の建設も予定されています。修繕事業は2009年4月にグレービング・ドック及び岸壁が完成し、開業致しました。10月末時点で24隻を扱い、今年中に計40隻を扱うことになる見込みです。川崎汽船は主要株主(注)且つユーザーとして、ZESCOの一定の修繕キャパシティを確保します。ZESCOは上海洋山沖にあるため狭い河川の航行もなく、コンテナ船に限らず全ての船種にアクセスが容易なドックとなります。

 川崎汽船の中国での修繕ドック事業への参画は、昨年8月に発表の中国福建省泉州市に建設中の Titan Quanzhou Shipyard Ltd.(TQSL)に次ぐものであり、これにより、今後ますます増加する大型船の修繕ドックを確保したことになります。また、これらのプロジェクトにより当社のみならず定期傭船船主殿と協調した修繕スペース利用の提案を行います。さらに、10月にこの2つの新規修繕ドックに対する窓口として、仲介コンサルタント会社Shanghai Brainy-Kawasaki Maritime Service Co., Ltd. (SBK)を中国・上海に設立し、両ドックへの入渠船に対し全面的にサポートを開始しました。川崎汽船は安全運航体制の強化だけでなく、安定した船舶管理体制の構築に向け、これまで以上に積極的に取り組んで参ります。

(注)第三者割当増資後のZESCOの株主構成は、韓進海運(韓国)34%、順和海運(中国)34%、上海長江輪船(中国、シノトランスグループ会社)20%、当社12%となります。

4社合弁契約(JVA)締結の写真

Geographical Location

Geographical Location

E:122°17′0″
N:30°28′6″

Shipyard Layout & Facilities

Total Area : 551,310m2 Coastline : 1,892m

Phase I : Completed

Dry dock : No.1 Dock (76m X 360m)
              No.2 Dock (54m X 310m)
Quay : East Quay - 670m

Phase II : On the plan

Dry dock : No.3 Dock (81m X 380m)
Quay : West Quay - 640m

Shipyard Layout & Facilities

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ