• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > 米国物流会社に資本参加

2010年01月29日
川崎汽船株式会社

米国物流会社に資本参加

 当社グループはこれまで物流事業の基盤強化と事業規模の拡大に取り組んでおり、本日発表のVision100 KV2010においても物流事業を成長分野のひとつとして位置づけております。かかる中、予ねてより資本参加につき交渉を進めておりました米国に本社を構える物流会社であるAir Tiger Express Companies Inc.(ATEC)社の株式の51%(当初26%出資、その後25%追加出資オプション権付き)を取得することにつき、同社と基本合意に達しました。

 ATECは米国ニューヨーク市に本社をおき、米国及び中国などアジア各地を中心に事業展開している総合物流会社であり、航空・海上貨物フォワーディング業、通関業、倉庫業、貨物保険業及び各種ロジスティクス・サービスを提供しています。創業者であり、現CEOでもあるRichard Chu氏らによって1976年に同社の前身となる会社が台湾において設立され、1982年に米国へ進出、その後、米国各地ならびに東南アジア、中国各地に拠点を拡大し、各地の事業会社を再編する形で2006年に現在の持ち株会社であるATECが設立されました。ATECはその傘下に米国の事業会社であるAir Tiger Express (USA) Inc., アジアの事業会社を統括するAir Tiger Express (Asia)、Shenzhen Airport ATE International Freight Co., Ltd.(深圳空港当局との合弁会社)などをおき、特に中国において強い事業基盤を有する従業員750名の中規模ながらも将来性ゆたかな総合物流会社です。

 現在、当社グループの国際物流事業は、航空・海上フォワーディング業を中心とするケイラインロジスティクス社(KLL)とバイヤーズコンソリデーション業を中心とする米国のCentury Distribution System(CDS)が二つの核となっております。ATEC社は物流市場において成長著しい中国を含むアジア市場に強い事業基盤とネットワークを有しており、同社への資本参加は特に航空貨物分野、通関業、及びバイヤーズコンソリデーションにおいてKLLやCDSとの協業を可能とするなど、当社グループの物流事業の拡充と収益機会拡大に大きく資すると考えております。

 当社グループは、多様化、高度化するお客様の物流ニーズに広範なネットワークと高度な物流サービスで応えてまいります。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ