• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > ニュースリリース > アジア-メキシコ・南米西岸サービス改編

2010年07月01日
川崎汽船株式会社

アジア-メキシコ・南米西岸サービス改編

 川崎汽船は本年7月より日本郵船、商船三井との協調により、アジア-メキシコ・南米西岸サービスを改編します。

 現在、当社は商船三井との協調で2500TEU型コンテナ船10隻による週1便の”NEW ANDESサービス”を提供していますが、この度の改編では3社協調により大型船を投入する週2便体制に拡充し、多様なニーズに応える高品質なサービスを提供します。

 新サービスの概要は以下の通りです。

【Loop 1】

投入船 2800-3600TEU型コンテナ船10隻
寄港地 基隆 - 香港 - 大鏟湾(Da Chan Bay)- 厦門 - 上海 - 釜山 - マンザニーロ(メキシコ) - カヤオ(ペルー) - イキケ(チリ) - バルパライソ(チリ) - リルケン(チリ) - カヤオ - マンザニーロ - 横浜 - 基隆
航海頻度 ウィークリー
M/V “MOL Bravery” 2010年7月22日基隆出港予定

【Loop 2】

投入船 2000-2100TEU型コンテナ船 9隻
寄港地 釜山 - 上海 - 寧波 - 名古屋 - 横浜 - マンザニーロ(メキシコ) - ブエナベントゥーラ(コロンビア)- グアヤキル(エクアドル) - マンザニーロ - 東京 - 釜山
航海頻度 ウィークリー
開始船 M/V “MOL Satisfaction” 2010年7月29日釜山出港予定

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ