• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 投資家情報 > 株主・株式情報 > 良く頂くご質問

良く頂くご質問


川崎汽船の事業内容や、株式に関するお手続きについて、皆さまからお寄せいただく代表的なご質問とその回答をご覧いただけます。

会社の概要・経営戦略 会社が設立されたのはいつですか?
具体的に何をやっている会社ですか?
グループ企業について知りたいのですが?
同業他社と比較して川崎汽船の特色、違いは何ですか?
川崎汽船の将来のビジョン・経営方針を知りたいのですが?
社会的責任 コーポレートガバナンスの体制はどうなっていますか?
環境問題に対する取り組みはどうなっていますか?
株式関連 証券コードを知りたいのですが?
上場証券取引所はどこですか?
最近の株価動向を知りたいのですが?
株主優待制度について知りたいのですが?
配当金について知りたいのですが?
株主の各種変更手続き・連絡先等について知りたいのですが?
単元未満株式の買取について教えて欲しいのですが?
海運業界を担当されている証券会社アナリストを知りたいのですが?
決算、財務内容 現在の格付けについて教えてください。
為替など業績に影響を与える外部要因について知りたいのですが?
過去の決算情報を知りたいのですが?
決算発表スケジュールを知りたいのですが?

会社の概要・経営戦略

Q. 会社が設立されたのはいつですか?

A. 1919年(大正8年)4月5日に設立されました。

Q. 具体的に何をやっている会社ですか?

A. 外国航路を中心に国際輸送網を駆使した輸送サービスをコアビジネスとするグローバルな総合物流企業として、海・陸一体となって多くの船舶を世界各地で運航すると共に、ターミナル事業や物流事業を営んでいます。
詳しくは次をクリックしてください。

コンテナ船 ドライバルク船 自動車船 LNG船 油槽船 ターミナル事業 物流事業

Q. グループ企業について知りたいのですが?

A. 国内・海外のグループ会社につきましては、こちらのリンクをご覧ください。

Q. 同業他社と比較して川崎汽船の特色、違いは何ですか?

A. 当社を含め日本の大手外航海運会社は、日用品などの輸入品や電気製品を運ぶコンテナ船、鉄鉱石、石炭、製紙原料(チップ・パルプ)などを運ぶ不定期船、完成車を運ぶ自動車船、液化天然ガスを運ぶLNG船、電力用石炭を運ぶ電力炭船、石油製品・LPG(液化石油ガス)などを運ぶ油槽船、物流事業、そのすべてを手がけております。逆に海外の海運会社は、専門の海運事業に特化しているところが多く、日本の大手外航海運会社は総合海運会社であることが特色です。

当社は海運事業の全体に占める割合が高く、またコンテナ船の収益を伸ばすと同時に、利益の安定している不定期船・エネルギー資源輸送・物流に関連する部門の強化を図っており、国内外のグループ会社とのネットワークから顧客の生の声を聞き、地域の市場動向に応じて独自に事業を展開し、最適な顧客サービスを提供すべく努力して、少数精鋭主義で大きく収益力と成長力を伸ばしております。なお、客船事業は行っておりません。また、新規事業としてオフショア支援船事業に参入しました。

Q. 川崎汽船の将来のビジョン・経営方針を知りたいのですが?

A. 当社の企業理念及びビジョンはこちらをご覧下さい。

経営方針につきましては、経営計画の欄をご覧ください。

このページの先頭へ

社会的責任

Q. コーポレートガバナンスの体制はどうなっていますか?

A. 当社は、取締役会および監査役会がコーポレート・ガバナンス体制の構築・運営と監視にそれぞれあたるとともに、委員会その他の機関を通じて体制の充実を図っています。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 2006年6月26日開催の第138期定時株主総会において執行役員制の導入が決議されました。
    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • 社内倫理基準(2001年4月制定)の徹底を図ると共に、リスクマネジメントへの取り組みを強化すべく、専任担当者を置いて体制作りを行いました。
  • 連結決算ベース四半期開示を開始しました。(2002年度第3四半期から公表しました。)
  • 企業グループの経営情報のタイムリーで適正な開示を行うべく、IR体制を強化しました。
  • コーポレート・ガバナンスの一層の充実・強化を目的に、2004年7月1日、内部監査室を設置しました。
  • 2005年4月1日に全面施行された「個人情報の保護に関する法律」を遵守するため、社内体制を整備しています。
    取締役会において、個人情報保護方針および個人情報管理規程を策定しました。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 2006年1月1日にCSR推進室(2007年4月よりCSR・コンプライアンス推進室)が新設されました。
    当社各部門の活動が、企業の社会的責任を果たしているかをチェックし、適切にガイドする事で、ステークホルダーの満足度の向上を図り、また当社のCSR活動の対外的発信も提案し、企業価値の 向上を目指します。

Q. 環境問題に対する取り組みはどうなっていますか?

A. 「安全運航」「環境保全」を重要な経営課題の一つと捉え、環境保全への取り組み強化を図っております。2001年5月、「川崎汽船グループ環境憲章」を制定、2002年2月、ISO14001認証を取得し、ISO14001による環境マネジメント体制を整え、環境に配慮した海上輸送サービスの提供を進めています。
詳しくは、環境保全及び安全運航をご覧ください。

このページの先頭へ

株式関連

Q. 証券コードを知りたいのですが?

A. 川崎汽船株式会社の証券コードは9107です。

Q. 上場証券取引所はどこですか?

A. 東京・名古屋・福岡の各証券取引所です。

Q. 最近の株価動向を知りたいのですが?

A. 株価情報はこちらをクリックしてください。

Q. 株主優待制度について知りたいのですが?

A. 弊社では株主優待制度を実施しておりませんので、ご了承いただきたくお願いします。

Q. 配当金について知りたいのですが?

A. 配当金につきましてはこちらをご覧下さい。

Q. 株主の各種変更手続き・連絡先等について知りたいのですが?

A.「株主通信」をご覧ください。

Q. 単元未満株式の買取について教えて欲しいのですが?

A. 単元未満株式(1,000株未満)の買取請求は、株主様の口座のある証券会社等にお申出下さい。なお、証券会社等に口座がないため特別口座が開設されました株主様は、特別口座の口座管理機関である三井住友信託銀行株式会社にお申出下さい。

Q. 海運業界を担当されている証券会社アナリストを知りたいのですが?

A.アナリスト一覧をご覧ください。

このページの先頭へ

決算、財務内容

Q. 現在の格付けについて教えてください。

A. 現在の格付につきましては、こちらをご覧ください。

Q. 為替など業績に影響を与える外部要因について知りたいのですが?

A 業績に影響を与える要因として、為替、燃料費(重油価格)、荷動き、運賃市況の変動があげられます。為替の変動では、国際通貨のドルで大半の収入を得ているため、特に円・ドル為替の影響を受けますので、円高が損益悪化につながります。なお、四半期毎の決算説明資料の中で都度影響度をご説明しております。詳しくはこちらのページから「ご説明用資料」をご覧ください。

Q. 過去の決算情報を知りたいのですが?

A. 詳しくはこちらをご覧ください。
決算短信決算説明アニュアルレビュー

Q. 決算発表スケジュールを知りたいのですが?

A. 決算発表スケジュールにつきましては、こちらをご覧ください。

 当ウェブサイトは、投資家判断の参考となる情報提供を目的とするものであり、当社株式の購入を勧誘するものではありません。掲載されている資料には、将来の予測、計画、戦略等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報は当社の予測であり、リスク要因や不確実な要素を含んでいます。将来における当社の業績は、当ウェブサイトに記述された内容と異なる可能性があります。
投資に関する最終決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

このページの先頭へ