• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 投資家情報 > 株主・株式情報 > 適時開示情報 > 子会社の解散および清算並びに子会社に対する取立不能債権の放棄に関するお知らせ

2004年02月12日
川崎汽船株式会社
取締役社長 﨑長保英
(コード番号9107 東証第一部)

子会社の解散および清算並びに子会社に対する取立不能債権の放棄に関するお知らせ

 当社は、平成16年2月12日開催の取締役会において、下記の通り当社の子会社である PEARL MARITIME CO., LTD. (昭和53年設立)、RIO DIAMANTE S.A. (平成2年設立)及びRIOSHIP CO., LTD. (昭和48年設立)の3社を、平成16年3月末までに解散すること、及び当社が当該子会社に対して有する貸付債権を放棄することを決議いたしましたので、お知らせいたします。



1. 解散および清算に至った経緯

 当該子会社3社は、設立以降いずれも海外船舶保有会社として機能してきましたが、その保有船舶を平成16年1月までに全て売却し、船舶保有会社としての当初の目的を完了しましたので今般解散することといたしました。


2. 当該子会社3社の概要

1)PEARL MARITIME CO., LTD.

所在地 80 Broad Street, Monrovia, Liberia
代表者 Takashi Saeki, President
資本の額 11,000 米ドル (払込資本金)
主な株主構成 川崎汽船株式会社(100%)

2)RIO DIAMANTE S.A.

所在地 53rd Street, Urbanizacion Obarrio, Swiss Tower, Panama
代表者 Yoshiyuki Ota, President
資本の額 495,163 千円  (払込資本金)
主な株主構成 川崎汽船株式会社(100%)

3)RIOSHIP CO., LTD.

所在地 80 Broad Street, Monrovia, Liberia
代表者 Yoshiyuki Ota, President
資本の額 2,400,000 米ドル (払込資本金)
主な株主構成 川崎汽船株式会社(100%)

3. 今後の見通し

 当該子会社3社に対する当社からの貸付金(約2,430百万円)の債権放棄手続きを行い、3社とも平成16年3月末までに清算結了の予定です。これに伴い、出資損を含め約2,980百万円(個別)の特別損失が発生いたしますが、連結、個別とも本日公表の業績予想に織り込み済みであり、当期の業績予想には変更はありません。


(ご参考)

当期の連結業績見通し及び前期の業績(単位:百万円)

  売上高 経常利益 当期純利益
当期業績予想(平成16年3月期) 707,000 56,000 29,000
前期実績(平成15年3月期) 632,725 23,672 10,373

以 上

 当ウェブサイトは、投資家判断の参考となる情報提供を目的とするものであり、当社株式の購入を勧誘するものではありません。掲載されている資料には、将来の予測、計画、戦略等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報は当社の予測であり、リスク要因や不確実な要素を含んでいます。将来における当社の業績は、当ウェブサイトに記述された内容と異なる可能性があります。
投資に関する最終決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ