• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 投資家情報 > 株主・株式情報 > 適時開示情報 > 中間期及び通期業績予想(連結及び単独)ならびに配当予想修正に関するお知らせ

2004年07月30日
川崎汽船株式会社
取締役社長 﨑長保英 (コード番号9107 東証第一部)

中間期及び通期業績予想(連結及び単独)ならびに配当予想修正に関するお知らせ

 最近の業績の動向を踏まえ、平成16年5月13日の決算発表時に公表した平成17年3月期(第137期)の中間期及び通期業績予想ならびに配当予想を修正しましたので、下記の通りお知らせします。



1. 業績予想(連結)の修正

1)当中間期の業績予想(平成16年4月1日~平成16年9月30日)

(単位:百万円)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 370,000 38,000 37,000 23,000
今回予想(B) 397,000 56,000 56,000 33,000
増減額(B-A) 27,000 18,000 19,000 10,000
増減率(%) 7.3% 47.4% 51.4% 43.5%
(ご参考)前期実績(平成15年9月期) 362,106 34,305 30,427 15,941

2)通期の業績予想(平成16年4月1日~平成17年3月31日)

(単位:百万円)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発予想(A) 760,000 76,000 74,000 46,000
今回予想(B) 790,000 98,000 97,000 57,000
増減額(B-A) 30,000 22,000 23,000 11,000
増減率(%) 3.9% 28.9% 31.1% 23.9%
(ご参考)前期実績(平成16年3月期) 724,666 70,534 62,564 33,196

2. 業績予想(単独)の修正

1)当中間期の業績予想(平成16年4月1日~平成16年9月30日)

(単位:百万円)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 300,000 29,500 29,000 18,000
今回予想(B) 320,000 45,000 45,000 28,000
増減額(B-A) 20,000 15,500 16,000 10,000
増減率(%) 6.7% 52.5% 55.2% 55.6%
(ご参考)前期実績(平成15年9月期) 295,026 28,221 25,118 12,450

2) 通期の業績予想(平成16年4月1日~平成17年3月31日)

(単位:百万円)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 600,000 57,000 56,000 34,000
今回予想(B) 620,000 75,000 75,000 46,000
増減額(B-A) 20,000 18,000 19,000 12,000
増減率(%) 3.3% 31.6% 33.9% 35.3%
(ご参考)前期実績(平成16年3月期) 584,958 55,068 49,670 24,452

3. 修正の理由

 第1四半期は、不定期船・タンカー部門において高市況を全面的に享受したこと、コンテナ船部門においてアジア/欧州航路での旺盛な荷況を背景とし積高の増加と運賃の修復が図れたこと、更に、全部門において効率配船、経費削減に努めた結果、売上高・営業利益・経常利益・当期純利益ともに前回発表予想を大幅に上回る見込みです。
 第2四半期も、コンテナ船が夏場のピークシーズンを迎え、荷動きは引き続き好調に推移しており、また、不定期船は下方修正された不定期船市況も実需の衰えが見られないことから、再び反騰に転じており、タンカー運賃も依然、高市況を享受する見込みであることより、上半期は、売上高・営業利益・経常利益・当期純利益ともに前回発表予想を大幅に上回る見込みです。
 下期については、海運業を取り巻く事業環境は引続き好調に推移すると見込まれる反面、燃料油価格の高騰、傭船料の高止まり、金利の上昇等のマイナス材料もあり、これらの要因を織り込んだ結果、下期の見込みは期首公表の数値を若干上回るものと予想しております。


4. 配当予想の修正(平成16年4月1日~平成17年3月31日)

(1株あたり単位:円)

  中間配当金 期末配当金 年間配当金
前回発表予想(A) 5.0 5.0 10.0
今回予想(B) 7.5 7.5 15.0
前期(平成16年3月期)実績 5.0 5.0 10.0

 当期の配当金につきましては、上記業績見通しを勘案し、中間配当金は1株当り2.5円増配し7.5円とさせて戴き、下期も業績が公表通りに推移することを前提に同じく2.5円増配の7.5円とし、年間配当金としては5円増配の15円とさせて戴く予定です。

以 上

 当ウェブサイトは、投資家判断の参考となる情報提供を目的とするものであり、当社株式の購入を勧誘するものではありません。掲載されている資料には、将来の予測、計画、戦略等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報は当社の予測であり、リスク要因や不確実な要素を含んでいます。将来における当社の業績は、当ウェブサイトに記述された内容と異なる可能性があります。
投資に関する最終決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ