• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 投資家情報 > 株主・株式情報 > 適時開示情報 > 新中期経営計画“K”LINE Vision 2008+のお知らせ

2006年03月10日
川崎汽船株式会社

新中期経営計画“K”LINE Vision 2008+のお知らせ

 当社は、2004年4月に5ヵ年経営計画である“K”LINE Vision 2008をスタートさせ、『持続的成長と安定収益体制の確立』を最大のテーマとして捉え、コスト競争力を前提にした船隊とサービスを整備し、新たな市場、成長著しい市場での事業拡大にも努めてきました。この間、中国を中心に世界経済は大きな構造転換を遂げるところとなり、燃料油価格の大幅な高騰など海運を取り巻く事業環境も2年前の想定から大きく変化しております。また、2008年迄の船隊整備は概ね確定しており、今後の新規投資は2010年代半ばを視野に入れたものとなります。このように事業環境ならびに収益環境が大幅に変化している中で2006年を新たな出発点として未踏の高峰を目指すためのナビゲーターとして長期Visionも含めた“K”LINE Vision 2008+を策定致しました。

【2008年度の数値目標】

 運航隻数500隻体制、売上高11,000億円に事業規模の拡大を進める一方、株主資本4000億円、株主資本比率約40%、ROE約20%、デットイクイティレシオ90%以下による格付けA格を安定的に確保する。また、配当性向は連結ベースで当面20%を目指します。

【2006年度~2008年度計画・2010年代半ばの目標数値】

(前提:為替\110 燃料価格$300/MT)

(単位:億円) 06年度計画 07年度計画 08年度計画
売上高 9,700億円 10,500億円 11,000億円
経常利益 750億円 900億円 1,100億円
当期純利益 530億円 600億円 700億円
配当性向 連結20%
ROE 19% 19% 19%
有利子負債 3,200億円 3,400億円 3,500億円
株主資本 2,930億円 3,420億円 4,000億円
株主資本比率 35% 37% 39%
DER 109% 99% 88%
船隊規模     500隻
船舶投資総計 06年度~08年度 125隻 5500億円
右矢印 
10年代半ば
15,000億円
1,500億円
1,000億円
連結30%
10%以上
3,500億円
7,500億円
50%以上
50%以下
700隻

 当ウェブサイトは、投資家判断の参考となる情報提供を目的とするものであり、当社株式の購入を勧誘するものではありません。掲載されている資料には、将来の予測、計画、戦略等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報は当社の予測であり、リスク要因や不確実な要素を含んでいます。将来における当社の業績は、当ウェブサイトに記述された内容と異なる可能性があります。
投資に関する最終決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ