• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 投資家情報 > 株主・株式情報 > 適時開示情報 > 剰余金の配当及び配当予想の修正に関するお知らせ

2008年10月27日
川崎汽船株式会社
取締役社長 前川 弘幸
(コード番号 9107 東証第一部)

剰余金の配当及び配当予想の修正に関するお知らせ

〔Ⅰ〕剰余金の配当及び配当予想の修正

 当社は、平成20年10月27日開催の取締役会において、下記のとおり平成20年9月30日を基準日とする剰余金の配当を行うことを決議いたしましたのでお知らせします。

1.配当の内容

決定額 直近の配当予想
(平成20年7月25日公表)
前期実績
(平成20年3月期中間)
基準日 平成20年9月30日 同左 平成19年9月30日
1株当たり配当金 13円50銭 13円50銭 12円00銭
配当金の総額 8,608百万円 - 7,635百万円
効力発生日 平成20年11月20日 - 平成19年11月21日
配当原資 利益剰余金 - 利益剰余金

2. 配当予想の修正

1株当たり配当金(円)
基準日 第2四半期末 期末 年間
前回予想
(平船20年7月25日公表)
13円50銭 13円50銭 27円00銭
今回修正予想 - 11円50銭 25円00銭
当期実績 13円50銭 - -
前期実績(平成20年3月期) 12円00銭 14円00銭 26円00銭

3. 理由

 米国発の金融危機は世界規模で実体経済に影響を及ぼすに至り、国際海運もドライバルク市況の急落、欧米向けコンテナ貨物量の減少などが顕在化したため、当下半期の事業環境は悪化要因が増しています。このような状況のもと、通期の業績見通しは当初見込みをやや下回る見通しとなったことにより、通期の配当予想を前回予想の27円から25円(第2四半期末13円50銭、期末11円50銭)に修正させていただきます。尚、通期の配当金算出前提の配当性向は22%(前期20%)を予定しています。

 当ウェブサイトは、投資家判断の参考となる情報提供を目的とするものであり、当社株式の購入を勧誘するものではありません。掲載されている資料には、将来の予測、計画、戦略等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報は当社の予測であり、リスク要因や不確実な要素を含んでいます。将来における当社の業績は、当ウェブサイトに記述された内容と異なる可能性があります。
投資に関する最終決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ