• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 投資家情報 > 経営方針 > IRポリシー

IRポリシー



  川崎汽船は株主・投資家の皆様に当社をご理解いただき、適正な評価に資するために、以下の基本方針に基づいてIR活動を行っております。


1. IR活動の基本方針

  当社は株主・投資家の皆様に、当社に関する情報を正確にわかりやすく、公平、かつ迅速に、適時・適切に開示することをIR活動の基本方針としております。正確な情報開示を通じた信頼関係の構築を目指します。


2. 開示情報の基準

  金融商品取引法等の諸法令および東京証券取引所の適時開示規則を遵守し、これらに沿って情報開示を行います。適時開示規則に該当しない場合でも、株主・投資家の皆様に有用であると考えられる情報は積極的に開示を行います。


3. 情報開示の方法

  適時開示規則に該当する情報や投資判断に実質的な影響を与えると考えられる情報は東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて開示しています。TDnetにて開示された情報は当ホームページも可及的速やかに掲載します。またこれに該当しない情報についても、プレスリリース、ホームページ等で情報開示します。


4. 将来予測に関する考え方

  当社がIR情報として発信する情報には、将来の予測、計画、戦略等に関する情報を含む場合があります。これらの情報は当社の予測であり、リスク要因や不確実な要素を含んでおります。詳しくはリスク情報をご覧下さい。


5. 沈黙期間の設定

  当社では、重要な会社情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保する為、原則として各4半期決算発表日の2週間前から当該4半期決算発表までを沈黙期間としています。この期間中は、決算に関するコメント、関連質問への回答を控えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願いします


6. コミュニケーションの充実

  説明会、日々のお問い合わせに対するご回答などにより、株主・投資家の皆様との双方向のコミュニケーションを積極的に充実させて参ります。皆様の当社に関する理解がさらに深まるようホームページ等のIR資料を充実させることに努めます。


7. 対話に関する基本方針

  (1)当社は持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図る観点から、株主の皆様との建設的な対話を促進するための諸施策を検討のうえ、これに取り組みます。

  (2)株主の皆様との対話全般については、IR・広報を管掌する執行役員が統括し、IR・広報・経営企画、総務、財務、経理、法務各部門をはじめとする社内各部門が連携して施策の充実に努めます。

  (3)株主の皆様に対しては、株主総会において積極的な情報提供と丁寧な質疑応答に努めるほか、定期的に開催する説明会や施設見学会、株主通信その他の情報冊子の発行などを通じて、当社の経営状況に関する理解促進と対話の充実を図ります。また、機関投資家の皆様に対しては、四半期毎の決算説明会、中期経営計画説明会、証券会社主催のセミナー等を通じて当社の経営戦略、事業内容、業績等を説明するほか、投資家向けスモールミーティング、各種カンファレンス、海外機関投資家訪問等による対話の充実に取り組みます。

  (4)上記の取組みを通じて株主の皆様からいただいたご意見等につきましては、重要性等に応じて取りまとめて取締役会に報告致します。

  (5)インサイダー情報については、「内部情報管理及び取引者規制に関する規制」に従って適切に管理します。


 当ウェブサイトは、投資家判断の参考となる情報提供を目的とするものであり、当社株式の購入を勧誘するものではありません。掲載されている資料には、将来の予測、計画、戦略等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報は当社の予測であり、リスク要因や不確実な要素を含んでいます。将来における当社の業績は、当ウェブサイトに記述された内容と異なる可能性があります。
投資に関する最終決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

このページの先頭へ