• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 投資家情報 > IR資料 > 決算説明会 > ご説明内容(音声の文章化)

ご説明内容(音声の文章化)

それでは、2005年度の第一四半期の決算について、パワーポイントが準備されておりますので、これにそって説明させていただきます。

1. 2005年度第1四半期決算概要

数字は、ここにご覧の通りでございまして、売上高2,211億、経常利益が241億、当期純利益155億ということで、当初の我々の計画よりは、右側に増減率が書いてありますけれども、売上高で3%、経常利益で15%、見込みより増収増益、となっています。昨年度、2004年度の第1四半期から比較すると、売上高では11%増ですが、営業利益、経常利益、当期純利益とも、10%強の減益となっております。

その要因は、前期から見ますと、為替については1円の円高、燃料油価格については67ドルのバンカー高ということで、それぞれ円高で3億円、それから燃料油で45億円、これのトータル、48億円の減益要因があります。

公表値から見ますと、為替は105円で見ておりましたので、約2円の円安、これでプラス6億円。燃料油も第1四半期250ドルで見ておりましたので、約2ドルのバンカー安ということで、これもプラス1億円の改善要因があります。

その他にマーケットの変動ということで、それぞれの部門については後ほどご説明いたしますが、極めて大まかに言うと、コンテナ船は、積高は公表とあまり変わらず、運賃率が上がったということでございます。
それから不定期船については、今現在市況は低迷しておりますけれども、その前に貨物が確保できたということ、自動車船については比較的、積高が好調で、効率配船もできたということであります。

第一四半期、3ヶ月だけですが、連・単の比率が前年に比べると拡大傾向にあります。すなわち、売上高については前年は1.24から今期は1.25、経常利益については、1.24から1.37ということで、連結ベースで規模は拡大している、と見ております。

2. 部門別業績動向(コンテナ船)

今から部門別に概要を説明させていただきます。

コンテナ船につきましては、ここにありますように当初の見込み、今年の計画を上回る利益をあげられたということで、第1四半期の経常利益は連結ベースで93億。
これについては決算短信のところに、今年から参考資料としてコンテナ船事業の数値を、 HYPERLINK "http://www.kline.co.jp/ir/pdf/fh2005_1_con.pdf" 11ページに記載してあります。

営業規模が拡大したということで、積高については先ほど少し申しましたが、当初見込み通りの積高があげられましたけれども、前年同期に比べると7.4%の積高増がありました。
それから、コスト削減等々もあったのですけれども、一番大きな要因はやはり運賃の修復、特にアジア航路、大西洋航路において、運賃の修復があったということかと思います。

航路別に言いますと、前年同期比で欧州航路で約3.5%、北米航路で2.5%の運賃の修復がありました。
その他、色々とコスト削減もやっております。
それから、総平均でいきますと、平均運賃は前年同期に比べると約9%の改善がなされた、ということでございます。

これは参考までですが、コンテナ船の売上が、1,065億、経常利益が93億ということで、連結ベースでいきますと売上高が全体の約48%、経常利益でいきますと39%の比率を占めております。
これを単体に直しますと、売上高が54%、経常利益が41%なのですけれども、当社はコンテナ船が主力、半分以上はコンテナ船じゃないか、とこういう風に思われる方もあるかもわかりませんが、連結ベースでいくと50%は切っているような状況になっております。

3. 部門別業績動向(不定期専用船)

次は不定期専用船部門ですけれども、不定期専用船部門には不定期船と自動車船部門がございまして、両部門とも、当初の見込みを上まわる利益があげられました。

不定期船については、先ほど申しましたように、4月、5月の連休前くらいから、少しマーケットが下落しているのですけれども、市況が下落する前にある程度の貨物が確保できました。
可能延べトンも、営業規模ですけれども、5.5%のびました。
これで、前年同期に比べると減益という形になっていますが、当初見込みを上回る業績、利益をあげることができました。

自動車船については、輸送台数が8%弱のびております。
特に中南米カリブ、豪州、中近東向け、というように比較的、運賃率の高い航路において積高が9%強増えている。三国間航路においても、30%以上も積高を伸ばしている、ということでございまして、業績についても、当初見込みを上回る業績をあげることができました。

4. 部門別業績動向(エネルギー資源輸送)

次はエネルギー資源輸送ですけれども、皆様ご存知のように、当社は、このエネルギー資源輸送部門が相対的にあまり大きくありませんが、総体として、安定収益を確保できた、と見ております。

ここに書いてありますように、LNG船では、各プロジェクトも順調に進捗し、5月にはラスガスII向けの新造船も1隻竣工しました。ただ業績、或いは規模につきましては、期中に出羽丸のドックによる不稼動がありまして、若干稼動延べトンが減っています。
因みに、今度のラスガスII向けの新造船1隻を入れて、当社が関与するプロジェクト船は27隻になっております。

それから、電力炭部門ですけれども、計画通りの業績をあげました。
昨年と比べても、ほぼ横ばいの成績をおさめております。そのコア船隊15隻を、フル稼働で動かしました。
積み地、特に豪州あたりの滞船も緩和されてきて、比較的効率的な配船ができた、ということであります。
6月には、新造パナマックスも1隻傭船を開始しまして、これが第2四半期以降、業績に寄与するものであります。

油槽船は、前年同期に比べると、フリーのVLCCが1隻無くなりまして、減益要因ですけれども、これも当初の計画通りに業績をあげております。
一時市況が軟化して、ワールド・スケール50というような話があったのですけれども、今現在は、比較的堅調に推移し、回復基調にあります。

5. 2005年度業績予想

この第一四半期の実績をベースに、今期の上期及び通期の見通しをここに記載しております。

前提となる為替とバンカーですけれども、為替については期初は105円でみておりましたが、第2四半期以降、現状の為替動向をふまえて、110円で見直しました。
バンカー価格については、期初の計画では第1四半期は250ドル、第2四半期は230ドル、下期220ドルと見ていたのですけれども、価格が高止まりしているということで、第2四半期以降、260ドルでみております。

こういった前提条件を見直しまして、第2四半期については、各部門の予想を積み上げて、第1四半期より若干減益の見通しを持っております。
第1四半期が計画より上回りましたので、相殺する形になって、上期については当初の計画通り、売上高4,500億、経常利益が500億、当期利益340億、この見通しを変えておりません。

下期については、先ほど申し上げた為替とバンカーの前提条件を見直すと同時に一部織り込んでいなかったコストセーブの要因を、達成できるであろうということで、約29億円見込みました。

その結果、改善要因としては、為替の円安、105円から110円に見直したということで32億円、先ほど申しましたコスト削減が追加で29億円、トータル61億円の改善要因を見こみました。 同時に、燃料油価格が220ドルから260ドルに見通しを変えましたので、この悪化要因が50億強で、マーケットの見方については、今現在、それもふまえて下期の予算を作成中でありまして、結論から言いますとマーケットの見方は変えておりません。

従いまして、先ほど申しました為替とバンカーの変動、それから、一部見込んでいなかったコスト削減を勘案しまして、下期の予想、並びに通期の予想は、期初に発表した通りで、変更は加えませんでした。
売上高が9,000億、経常利益が1,050億、当期純利益が690億、という計画であります。

この業績があげられるということを前提にしまして、中間配当9円、通期で18円という配当についても見直しを行いませんでした。

先ほど申しましたように、連・単の比率が、やはり拡大しておりまして、我々としては連結ベースで事業を運営していくということで、その線にのっているのかなと考えております。

6. 2005年度業績予想の要点

ここは、今、説明申し上げました通りの内容が書いてありますので、次お願いします。

7. 船隊整備計画ならびに主要財務指標

船隊整備計画でございますけれども、この表にありますように、2004年度はトータル18隻、2005年度の竣工予定船につきましては、トータル33隻をみこんでおります。
これは、傭船も含めております。

2004年度の通期の決算発表をした際、ここでご説明申し上げた時には確か、2005年度の竣工船は20隻とご説明したと思うのですけれども、その20隻は、右の方に書いてありますキャッシュフローに直接影響が出てくる船の部分だけ、隻数を書いたものです。
我々が経営計画"K"Line Vision 2008に掲げている181隻、トータル7,300億円の投資の対象になるのは、今日ここに書いてありますように、傭船も含めた33隻が対象になりますので、少し前回のものと数字が違っておりますけれども、ご容赦いただきたいと思います。

こういうことで、今のところ、投資計画も、順調に進んでおります。
ちなみに181隻がどうなるかということですけれども、今のところ確定、内定している部分も合わせますと、ほぼ同数、180隻強の投資が、確定、乃至内定しております。
一部、2009年度にずれこむ部分もありますが、大きく考えて投資の方は計画通り順調に進んでいると言えます。

それから、一部、ご存知のように、造船価が値上がりしているということもありまして、7,300億円が若干増えるということも見込んでおります。

これにつきましては、前にもお約束した通り、今期中に、2006年、7年、8年の数字を見直すと同時に、2009年或いは10年をある程度視野に入れた数字の見直しを、今期中にやりたいと思いますので、その時にまたご説明させていただきたいと思います。

主要財務指標についてはここに書いてある通りで、通期の見込みを変えておりませんので、中身についてはあまり変更は無い筈でございます。

8. コスト削減運動

最後にコスト削減運動ですけれども、期初の計画では、50億を見込み、実際に計画の中に計上したのは約10億円でしたが、実現の見込みがたちましたので、追加で見込み、50億は達成できる形になっております。

主なものは、貨物費の削減。その前に、我々はずっとここ数年にわたり、KR計画という、90年代の半ばから始めた経営計画で、かなりコストについては細かなところまで見直しを行いました。ご存知かと思いますけれども、社内ではリーフ・ピッキングといいまして、落穂ひろいという意味ですけれど、細かな、金額でいくと何十万円単位から積み上げて、それも日本だけじゃなくて、世界各地でそれを積み上げていきます。

結果として何億円、或いは何十億円というような単位に繋がるわけですが、もう、一度何かやったら何億のコストセーブができるというようなものはなかなか残っておりません。そういう意味では苦労していますけれども、これは経営計画にも書いてありますように、コスト削減というのはKラインのDNAだということで、これを今後とも、金額は若干少なくなるかもわかりませんけれども、続けていくつもりであります。

そういう細かな積み上げで、貨物費の削減が、ターミナル契約の更改とか、アジアのフィーダー料金の引き下げ等々で約18億円、関係会社の営業関係費用で10億、それから、コンテナの機器費、空コン費用、こういうところの色々な細かな見直しを行いまして約10億と、こういうようなコスト削減を見込んでおります。

以上で私の方からの説明は終わらせていただきます。
ありがとうございました。

以 上

 当ウェブサイトは、投資家判断の参考となる情報提供を目的とするものであり、当社株式の購入を勧誘するものではありません。掲載されている資料には、将来の予測、計画、戦略等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報は当社の予測であり、リスク要因や不確実な要素を含んでいます。将来における当社の業績は、当ウェブサイトに記述された内容と異なる可能性があります。
投資に関する最終決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ