• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > 投資家情報 > IR資料 > 中期経営計画 > 経営方針及び中期経営計画について

経営方針及び中期経営計画について


   当社グループは、海運業界を取巻く大きな事業環境の変化に対応し持続的な成長を可能とするための経営基盤の再構築を目指し、長期の経営方針と2017年度から創立100周年を迎える2019年度までの3ヵ年中期経営計画『飛躍への再生』を策定しました。

経営方針

◇ 川崎汽船グループ経営理念・ビジョン

  新たな経営計画の策定にあたり、改めて当社の目指す姿を再確認する形に致しました。


◇ 重要な経営課題

  事業環境変化に対し、以下の3つを当社グループの課題と認識しております。

  • 当社の強みの徹底的強化による競争力確保
  • 市況影響を受けにくい事業ポートフォリオの構築
  • 技術革新・ビジネスモデル変革による成長性の実現

中期経営計画 『飛躍への再生』

◇ 創立100周年を迎える2019年度までの3年間を、目指す姿に向けた事業基盤整備を行う「飛躍への再生」期間と位置づけ、以下の
    重点課題に取組みます。

  • ポートフォリオ戦略転換
  • 経営管理の高度化と機能別戦略の強化
  • ESGの取組み


◇ 重要方針と目指す指標

  長期的な目標 (2020年代半ば)

  • ROA(経常損益ベース)6%//ROE二桁台の達成
  • 自己資本4,000億円 - コンテナ船事業統合による事業安定性への効果を検証し、再設定を予定
  • 配当方針 - 安定配当方針への復帰

  中期経営計画での目標

  • 2017年度以降3年間 - 黒字化継続
  • 基盤となる安定型事業のROA(経常損益ベース)6%の達成と事業規模の拡大
  • 自己資本比率 20%半ばに向けた積上げ
  • 配当方針 ‐ 財務体質改善と事業基盤の安定化を最優先とし、早期の復配を目指す


  経営方針及び中期経営計画の詳細につきましては、下記当社ホームページをご覧ください。

  http://www.kline.co.jp/ir/library/plan/__icsFiles/afieldfile/2017/04/28/valueaction.pdf

 当ウェブサイトは、投資家判断の参考となる情報提供を目的とするものであり、当社株式の購入を勧誘するものではありません。掲載されている資料には、将来の予測、計画、戦略等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報は当社の予測であり、リスク要因や不確実な要素を含んでいます。将来における当社の業績は、当ウェブサイトに記述された内容と異なる可能性があります。
投資に関する最終決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ