• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > CSR > ステークホルダーエンゲージメント > 株主・投資家の皆さまとともに

株主・投資家の皆さまとともに


株主・投資家の皆さまの期待に応えるためにIR方針を定め、企業情報を適時・適切に開示し、各種説明会などを通じ双方向のコミュニケーションを図ることで、企業価値の一層の向上を目指しています。

株主・投資家とのコミュニケーション  

IR方針 

IRポリシーに基づいてIR活動を行っています。
当社は株主・投資家の皆さまに、当社に関わる情報を正確に分かりやすく、公平、かつ迅速に、適時・適切に開示することをIR活動の基本方針としています。正確な情報開示を通じた信頼関係の構築を目指します。

株主総会

開かれた株主総会を目指して

株主総会は会社の最高意思決定機関であると同時に、株主の皆さまに当社の経営陣が直接対話させていただく貴重な場としてとらえています。株主総会においては、株主の皆さまの声に耳を傾け、疑問にお答えし、当社の考え方を十分にご説明するよう努めています。また皆さまに議事の内容をよりご理解いただくために、映像やナレーションを用いるなど、配慮しています。
開催日については、より多くの株主の皆さまにご出席いただけるよう集中日を避けて設定しています。議題は開催日の15営業日前よりウェブサイトからもご覧いただけるよう開示し、開かれた株主総会を目指して努力しています。

株主総会召集通知

決議通知定款・株式取扱規則

IRツールの活用

IRツールを通じて適時・適切な開示に努めています。

株主の皆さまには半期ごとに事業の状況についてご報告する冊子を送付しています。ホームページには IRサイトを開設し、決算短信をはじめとする決算関係資料、決算発表予定日などのスケジュールといった、さまざまな情報を提供しています。投資家の皆さまからのご質問やご意見をメールで承る機能も設けており、ご質問にはできるだけ早くお答えするよう努めています。

各種説明会の実施

情報提供の機会を設けお伝えするよう努めています。

機関投資家、証券アナリストの皆さまに対する決算説明会は四半期ごとに、また経営計画発表などに際しては随時説明会を開催しています。その模様は録音音声としてホームページを通じて皆さまにお聴きいただけるようにしています。この他、機関投資家、証券アナリストの皆さまとの個別面談を国内・海外で積極的に実施しています。また、一般投資家の皆さまには、証券会社主催の企業説明会の場をお借りするなどしてご説明しています。

現場見学会の実施

現場見学会を通じて

機関投資家、証券アナリストの皆さまに当社事業に対するご理解を深めていただく一助として、研修所においてLNG荷役シミュレータ見学やコンテナターミナルなどの現場見学会を適宜開催しています。

2016年度 IR活動実績

参加社数

参加人数

国内IR

225社

241名

海外IR

12社

14名

スモールミーティング

39社

39名

施設見学会

4社

4名

個人投資家向けIR

114名

このページの先頭へ