• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > CSR > ステークホルダーエンゲージメント > お客さまとともに

お客さまとともに


対話を通じてお客さまのニーズを見極め、それを満たすために自分達が何をなすべきかを考え提案し、実践する、というプロセスを通じて、サービス品質の向上に努めます。

保安体制

安全管理システムによる安全運航維持や、ISPSコード(※)に基づく船舶保安計画の作成・実行による保安強化に取り組んでいます。

さらに、米国税関が米国トレード関係者に対し参加を呼びかけているC-TPATに加入しています。

当社ではお客さまと連携しながら、このプログラムを遂行し、セキュリティの強化に努めています。

ISPSコード(The International code for the Security of Ships and of Port facilities):
船舶と港湾施設が協調して、テロ行為などの保安に脅威を与える行動を阻止することを目的とした国際条約で、2004年7月1日に発効した。船舶においては、国際船舶保安証書の取得や船舶保安計画の策定および認証取得、資格認定を受けた船舶保安職員の選任などが義務付けられている。

ダメージ・プリベンション(貨物ダメージ防止対策)

お客さまよりお預かりした大切な貨物への輸送中の損傷を防ぐべく細心の注意を払うのはもちろんのこと、貨物の積み揚げ作業工程においても常にチェック作業を行い、より安全な輸送サービスのご提供に向けて、貨物事故の発生要因を事前に排除する現場活動を日々積極的に行っています。
現場活動の一例としては、輸送環境のさらなる向上を目指し、定期的な訪船の実施による乗組員の教育、荷役時の作業工程の見直しやダメージ防止グッズの開発・改良、日本のみならず外地の作業員の教育活動にも励んでいます。
また、ご提供するサービスやダメージ・プリベンション活動を実際に現場にてご覧いただく事も、弊社の取組みをより深くご理解いただく貴重な機会ととらえ、お客さまとともに荷役・訪船を行う活動も行っています。

ダメージ・プリベンション(貨物ダメージ防止対策)

情報提供サービス

多数のお客さまの貨物を同じ船舶でお預かりし輸送するコンテナ船サービスにおいては、船舶の運航スケジュールや入出港変更、台風情報、港湾スト情報等をメールで一斉にお知らせするサービスを行っています。
ホームページでは貨物の輸送中の現在位置や状況を、Webアクセスにより、お客さまご自身で把握できるサービスも提供しています。

EDI (電子データ交換)

通信回線を介し企業間の情報をコンピューターで交換するEDI (Electronic Data Interchange)を、グループ会社内だけでなく、お客さまをはじめ港湾ターミナル業者、鉄道会社、トラックなどの物流業者へも広げています。
船舶の運航スケジュール確認や船積み予約依頼、積荷目録の提出、内陸輸送手配、B/L インストラクション(船荷証券のもととなるデータ)など、電子データ化された情報を交換することで、迅速性・正確性を高めています。

サプライチェーンマネジメント支援システム

お客さまのサプライチェーンマネジメントをインターネット経由で支援する物流管理システム(VMS: Visibility Management System)を開発し、お客さまへ提供しています。
このシステムにより、サプライチェーンの基盤となる物流に関するあらゆる情報をリアルタイムで提供し、お客さまのより効率的な供給プロセスの管理をお手伝いしています。

このページの先頭へ