• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > CSR > 安全運航 > 安全運航マネジメント体制

安全運航マネジメント体制


安全運航の位置付け

安全運航は国際物流インフラを支えます

 安全運航の確立とその維持は、乗組員と船舶の安全を図り、お預かりした貨物の安全・確実な輸送を行うために決して欠かすことのできないものであり、また、世界の経済活動と人々の暮らしを支える国際物流インフラである海運という事業を支えるためにも必須のものです。

さまざまな取り組みで安全運航を支えます

 安全運航を実現するためには、船舶の運航に直接関わる船員の海技の向上、陸上の運航担当者などの関係者の知識と経験の蓄積、船舶の設備の充実や気象・海象に関する適切な情報の把握および提供など、さまざまな側面における取り組みが必要です。 また、航海、荷役、船上作業などにおいて発生する問題や不具合に的確に対応し、海難事故などの緊急事態に対応する能力も身に付けておかなければなりません。 船舶を安全に運航することは社会的責任を伴った使命であるという自覚の下、さまざまな取り組みを行っています。

タンカー荷役中の送油量調整

タンカー荷役中の送油量調整

タンカー荷役中の送油圧力チェック

タンカー荷役中の送油圧力チェック

安全運航推進委員会の設置

安全運航を司り、グループ一丸となって取り組んでいます

 社長を委員長、各営業部門と船舶部門およびグループ船舶管理会社の役員を委員とする安全運航推進委員会を四半期ごとに開催し、船舶運航時や荷役中に発生した不具合情報の要因解析および再発防止策の策定、新たに制定されたり改正されたりする国際条約や関連法規への対応など、安全運航に関わるすべての案件について、あらゆる視点に基づいた検討と取り組みを行っています。また、アデン湾からアラビア海、インド洋へと拡大を見せる海賊への対策については、運航する船舶の種類や特性などに応じた対策を策定しており、必要あれば随時同委員会に諮り、新たな対応策を検討するなど、安全運航の確立と維持を図っています。

川崎汽船グループ安全運行管理体制

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ