• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > CSR > 安全運航への取り組み > 安全運航への取り組み

安全運航への取り組み


安全管理システム(SMS)の運用

SMSは、船舶の安全を確保するマニュアルです

船舶の安全な運航を確保するためには、国際条約や各国の法規などで要求される事項を満たすことはもちろんのこと、安全に関する独自の取り組みや船種の違いに対応した訓練を行うことなども必要です。これらの必要事項について、船員や船舶管理会社が共通の認識を持ち、行うべき手順を取りまとめたものがSMSで、国際条約によってその保持が義務付けられています。

船舶管理会社における乗船前ブリーフィング

船舶管理会社における乗船前ブリーフィング

SMSを厳格に運用しています

SMSが厳格に運用されているかを確認するため、船舶管理会社の監査員が行う内部安全監査と、SMSを認証した船級協会の審査員が行う定期審査を受け、指摘を受けた事項については直ちに是正措置を取ります。また、寄港地でも、PSC ※1 でチェックされるなど、厳格に運用されています。

本船でのSMS運用状況確認

本船でのSMS運用状況確認

※1 PSC
船の安全性や法的適合性、人命の安全、環境保全の維持に問題がないことを寄港国当局が確認する検査。

セーフティーレポート制度

小さなミスを見逃さずに事故防止に生かします

すべての事故は小さなミスに始まります。セーフティーレポート制度では、この小さなミスの報告を奨励し、丹念に拾い上げて、その原因や要因をしっかりと解析することを目的 としており、ミスの報告者の責任を問うことはありません。また、解析の結果に基づき対応策を検討しており、その内容は各船に周知され、類似のミスを防ぐとともに、乗組員の安全意識の向上に生かされています。

安全運航キャンペーン

冬季安全キャンペーン

毎年12月から二ヶ月間、「安全と環境保全」をテーマに「冬季安全キャンペーン」を行っています。日頃から運航船舶の寄港時には、運航担当者や海技部門担当者、安全監督、船舶管理会社担当監督などが訪船し、乗組員との意見交換や船体や機器類の状況確認など、安全運航に必要な活動を行っていますが、このキャンペーンでは、日常の活動に加え、社長や役員などの訪船も含め活動を強化し、関係者の密なコミュニケーション体制の確認や情報の共有を行うなど、海陸関係者全員の安全運航へのさらなる意識向上を図っています。

「冬季安全キャンペーン」ポスター

「冬季安全キャンペーン」ポスター

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ