• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > CSR > CSRニュース > フィリピン台風30号被害への支援について

2013年11月21日
川崎汽船株式会社

フィリピン台風30号被害への支援について

11月8日にフィリピン中部を襲った台風30号は同地に甚大な被害をもたらしました。

フィリピンは世界最大の船員供給国であり、当社の船にも多数のフィリピン人船員が乗り組んでいます。
当社グループは、被災された皆さまの救済と被災地の復旧・復興に役立てていただくため、当社のフィリピンにおけるビジネスパートナーであるRayomarグループが設立した財団であるThe Rayomar Outreach Foundation, Inc. (ROFI*)を通じて義捐金500万円を寄付するほか、被災したフィリピン人船員家族や商船学校学生への支援を決定しました。現時点では、支援総額は2,000万円程度となると見込んでいます。

また、日本船主協会と連携の下、コンテナ船による日本からの救援物資の海上輸送を無償にてお引き受けしています。

被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げるとともに、当社の支援が一日も早い復旧・復興の一助となることを祈念しています。

*ROFIはフィリピン貧困世帯の衣食、医療、教育支援と募金やボランティア活動の支援を行っている団体です。

 

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ