• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > CSR > CSRニュース > フィリピン台風被害復旧支援:救援物資の輸送協力について

2013年11月15日
川崎汽船株式会社

フィリピン台風被害復旧支援:救援物資の輸送協力について

  当社グループは、台風30号によって深刻な被害を受けたフィリピンの復旧を支援するため、日本船主協会と連携の下、コンテナ船による日本からの救援物資の海上輸送を無償にてお引き受けすることと致しましたので、下記の通りご案内申し上げます。

  被災者の皆様に対し謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 

 引き受け物資

日本からのフィリピン向けの無償救援物資。但し、危険物、動物、制限品などお引受けできないものがありますので、詳細はお問い合わせ下さい。

 輸送形態

 ドライコンテナでの輸送となります。

 輸送範囲

 積港コンテナヤードから揚港コンテナヤードまでとします。

 積港

 当社船直接寄港地:東京、横浜、清水、四日市、名古屋、神戸

 揚港

 マニラ

 引受条件

 - 出荷主・荷受人が、①政府・自治体などの公的機関、または②各国政府から認定を受けた支援団体等であること。
- 出荷主・荷受人の連絡先が明確であり、出発地・到着地での通関手続き、陸上輸送手続き等は出荷主・荷受人により確実に手配されること。
- 運航船のスペースやターミナルの状況等により、お引受けを調整させていただく場合がございます。

 期限

  2013年11月15日から12月末までに積港コンテナヤードに搬入される物資を対象とします。但し、一定量に達したのち締め切らせていただく場合があります。

 救援物資輸送に関するお問い合わせ先
“K” Line (Japan) Ltd. 総務・人事チーム
TEL: 03-6880-9336

 

 

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ