• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > CSR > “K” LINEグループのCSR > CSR重要課題と目指す姿

CSR重要課題と目指す姿


CSR活動の主たるテーマ 中核となるテーマ ステークホルダーの期待 当社の重要課題 当社の目指す姿
社会的責任を重視した経営体制の構築 組織統治 経営の健全性と透明性の確保
長期的視野に立ったCSR推進
組織風土の改善
経営理念の浸透
社会からの要請に応える経営体制の確立 CSRが経営の意思決定や事業プロセスに組み込まれ、社会と共に成長する経営体制が確立されている。
ステークホルダー・エンゲージメント 外部の意見を取り入れた重要課題の特定
バウンダリーの特定
ステークホルダーへの適時適切な情報開示
ステークホルダーとの対話促進 多様なステークホルダーとの双方向のコミュニケーションを確立し、ステークホルダーの意見や要望をCSR活動に反映させている。
事業活動の影響に対する配慮 人権 雇用における差別の撤廃
職場における差別の防止
強制労働・児童労働防止
ハラスメント防止
差別防止
労働基本権の尊重
強制労働・児童労働の防止
雇用管理のすべての段階において人種、国籍、性別や障害の有無などを理由とした差別を排除し、採用や昇進などの機会を全員に均等に確保している。
労働慣行 労働安全衛生向上
長時間労働の防止
業務プロセスの改善
福利厚生制度充実
職場環境整備
長時間労働防止
労働安全衛生向上
多様な働き方の推進
従業員一人ひとりが心身とも健全で、実力を十分に発揮できる働きやすい職場環境を築いている。
公正な事業慣行 公正な経営
法令遵守
腐敗防止
競争法遵守
機密情報保護
腐敗防止
反競争的行為の防止
従業員一人ひとりが競争法・腐敗防止など公正な事業慣行の重要性を理解して業務に取り組んでいる。
安全運航 リスク管理
重大事故の防止
貨物事故の防止
重大事故の防止 重大海難事故ゼロを達成している。
環境保全* 大気汚染・海洋汚染の防止
有害物質・廃棄物排出削減
環境マネジメントの強化
環境に配慮した事業活動
環境マネジメントシステムが従業員一人ひとりに至るまで浸透し、事業活動における環境負荷が継続的に低減されている。
危機管理 リスク管理
海賊対策
大規模災害発生時の事業継続
大規模事故対応能力向上
危機・リスク管理体制
  • BCP(事業継続計画)が定着している。
  • 海賊被害ゼロを達成している。
  • 事故発生時の迅速な対応体制が確立している。
新たな価値の創出 人材育成 人材の活用と育成
ダイバーシティの推進
組織的な安全文化の醸成
コミュニケーションの改善
教育制度の充実
企業風土の改善
グローバル人材の育成
ダイバーシティの推進
  • 会社が今後も成長し続けるために必要なマインドや行動規範が従業員一人ひとりに共有されている。
  • 海上・陸上、日本人・外国人、性別を問わず、国境を越えボーダレスで実力を発揮できる人材を育成し、活用している。
イノベーション 社会の発展への貢献
長期的な環境政策
技術開発・技術革新
原価低減
環境負荷低減やサービス品質向上を通じた新たな価値の提供 環境負荷低減に関する一般的な動向及び輸送品質向上に関する顧客からの要望を常に把握し、要望実現のために技術的に対応する体制を確立している。
コミュニティへの参画 社会の発展への貢献
外部との連権
被災地復興支援
地域社会への貢献
自然災害被災地の復興支援 当社の経営資源を生かして地域社会の発展に貢献している。
雇用創出・技能開発 社会の発展への貢献
雇用創出
技能開発
教育に対する支援および雇用の創出
  • 海事技術者育成支援を通じ、海運業界全体に優秀な船員の輩出に寄与している。
  • 事業展開している地域における雇用創出や技能開発に貢献している。

PDF

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードするには左のボタンをクリックして下さい。Adobe Acrobat Readerは無償で提供されています。

このページの先頭へ