• 企業情報
  • 事業紹介
  • 投資家情報
  • CSR
  • ニュースリリース
  • "K"LINE広場
  • 採用情報

トップ > CSR > コミュニティへの参画

コミュニティへの参画


基本的な考え方

良き企業市民として、社会貢献活動に積極的に取り組むとともに、グループ従業員の社会貢献活動を支援します。

  • ステークホルダーとの対話を通じて社会課題を認識し、経営資源を活用して地域社会の発展に貢献します。
  • NPO・NGO地域社会・国際機関など幅広いステークホルダーとの連携・協働により積極的に社会貢献活動を行います。
  • 従業員の自発的な活動を支援し、社会参加の機会を与えます。
  • 災害、海難事故等における救援や支援に備え、有事の際には必要な物資の輸送などノウハウ・技術を生かした社会的貢献に努めます。

ステークホルダーとの協働

NPO法人SAPESI

当社は南アフリカの子どもたちへの教育支援を進めるNPO法人SAPESI(南アフリカ初等教育の会)の移動図書館プロジェクトに賛同し、同国の英語図書寄贈に伴う海上輸送に2011年から継続的に協力しています。(海上輸送協力でも紹介しています)

NPO法人ヴォース・ニッポン

当社は、海水の温度や塩分などを計測し、その結果を無償で公開する活動をしているNPO法人ヴォース・ニッポンに協力し、当社運航の石炭専用船「CHUBU MARU」において、データ採取に使用される計測装置の搭載スペースを提供しています。この装置により採取されたデータは、地球温暖化などによる海洋への影響を知るために各国機関等で用いられています。

主な社会貢献活動

海上輸送協力

当社では、自社運航船や運航ルートを利用し各地域に寄贈される物品や車体等の輸送を支援することで、各地域への貢献活動への取り組みを行っています。

南アフリカ向け英語児童図書の輸送協力

当社は南アフリカの子どもたちへの教育支援を進めるNPO法人SAPESI(南アフリカ初等教育の会)の移動図書館プロジェクトに賛同し、同国の英語図書寄贈に伴う海上輸送に2011年から継続的に協力しています。
2015年7月にはSAPESIによる同国の各州政府への児童図書の寄贈式典が開催されました。このうちKwa Zulu Natal州における寄贈式典は、当社の現地法人である"K" LINE SHIPPING (SOUTH AFRICA) PTY LTDの本社にて開催され、同州教育庁の幹部をはじめ約70名の関係者が出席しました。

南アフリカでの児童図書の寄贈式典
移動図書館を利用する南アフリカの子どもたち
中南米向け、消防車・救急車等の輸送協力

当社は日本チリー協会(1940年設立)や日本ペルー協会(1954年設立)の会長職のほか、1969年よりエルサルバドル名誉領事、さらには一般社団法人ラテンアメリカ協会(1958年設立)の理事を引き受けるなど、当社は古くから中南米諸国と深い関係にあり、ペルーやエルサルバドルへの消防車や救急車等の海上輸送に協力しています。
なお2015年度は、当社グループ会社であるダイトーコーポレーションの協力のもと、エルサルバドルへ消防車5台、救急車2台、ペルーへ消防車1台を輸送しました。

地域社会に向けた活動

当社は寄港地等の地域のこどもたちのために船内見学会やターミナル見学会を開催しています。

2016年活動実績についてhttp://www.kline.co.jp/news/detail/1205981_1454.html

ボランティア活動

ランチタイムボランティア

従業員が気軽に参加し、地域貢献や環境保全について考える取組みとして、「ランチタイムボランティア」と称するビル周辺の清掃活動を、本社ビルの他テナントと合同で2014年度より実施しています。(http://www.kline.co.jp/csr/news/detail/1202330_1694.html)

   【参加者実績】 

年度

2014

2015

2016

実施回数

1

3

3

人数

36

76

80


東日本大震災復興支援ボランティア

2012年度より継続的に従業員ボランティアを派遣するとともに、ボランティア・ツアーを開催して従業員のボランティア参加を支援しています。詳細は東日本大震災復興支援をご覧ください。

「海の森」植樹ボランティア

植樹した苗木が緑豊かな「海の森」に姿を変え、CO2を吸収し地球温暖化の防止に繋がることを目的とした活動に2010年より3回、当社及びグループ会社の従業員とその家族が延べ86名参加しています。

災害義捐金拠出

年月 災害・援助 支援内容
2016年4月 熊本地震 義援金10,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2015年5月 ネパール地震災害 義援金2,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2013年11月 フィリピン台風30号(YORANDA)災害 義援金5,000,000円をRayomar Outreach Fun dation, Incへ拠出、及び社内有志による募金を寄付
2012年12月 フィリピン台風24号(Typhoon Bopha) 義援金2,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2011年12月 フィリピン・ミンダナオ島台風21号 義援金2,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2011年10月 タイ洪水災害 義援金5,000,000円(200万バーツ)を当社グループK Line (Thailand) Ltdと共同でタイ赤十字社へ拠出、支援物資(40フィートコンテナ9本)の無償海上輸送協力
2011年3月 東北地方太平洋沖地震 義援金50,000,000円を当社グループ共同で日本赤十字社へ拠出、支援物資の無償海上輸送協力詳しくは東日本大震災復興支援をご覧ください。
2010年9月 中国豪雨災害 義援金2,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2010年9月 パキスタン洪水災害 義援金1,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2010年4月 中国青海省地震 義捐金3,000,000円を当社グループ"K"Line (China) Ltd.および"K"Line (HongKong) Limitedと共同で中国紅十字会へ拠出
2010年2月 チリ大地震 義援金3,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2010年1月 ハイチ大地震 義援金3,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2009年9月 フィリピン台風16号(Typhoon Ketsana) 義援金1,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2009年8月 台湾台風(MORAKOT) 義援金1,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2009年4月 イタリア地震 義援金10,000ユーロを当社グループ"K"Line (Europe) Limitedと共同で英国赤十字社へ拠出
2008年6月 フィリピン 台風 Ventis社およびVeritas社へ被災船員家族の生活必需品購入のための義援金として各2,000,000円を拠出
2008年5月 中国四川省大地震 義援金5,000,000円を日本赤十字社へ拠出および社内有志による募金を寄付
2008年5月 ミャンマー サイクロン 義援金3,000,000円を日本赤十字社へ拠出および社内有志による募金を寄付
2007年11月 バングラデシュ サイクロン 義援金3,000,000円を日本赤十字社へ拠出
2007年8月 南米ペルー地震 義援金500,000円を日本ペルー協会へ拠出、支援物資(20フィートコンテナ5本)無償輸送協力
2007年7月 新潟県中越地震 義援金1,500,000円を日本赤十字社へ拠出

社員のボランティアを支援する仕組み

ボランティア休暇制度の導入

当社では従業員が大規模自然災害による被災地支援を目的としてボランティア活動に参加する際に年間最大で10日間の休暇を取得することができるよう制度を構築しています。2012年以降、継続して実施している東日本被災地復興支援のボランティア活動においても当該ボランティア休暇の取得ができるようになっています。 2015年度までにのべ53名がボランティア休暇制度を利用し、ボランティア活動に参加しています。

社内ポータルの活用

当社は社内の掲示板に社会貢献活動のページを設け、ボランティア募集案内、活動報告などの広報につとめ、ボランティアに関する意見投稿も可能にしています。 
またボランティア活動後には参加者へのアンケートなどを取り、次の活動へと繋げています。

東日本大震災 復興支援

“K”LINEグループでは、被災地の復興のためにさまざまな形で支援に取り組んでいます。従業員がボランティア活動に参加することで、社会の中で何が問題になり、どういった支援が必要であるかなどの問題解決能力を得ることをねらいとし、支援が必要である被災地域における活動を継続的に行っています。

ボランティア活動

当社はボランティア休暇制度を設け、従業員のボランティア活動を支援しているほか、ボランティア・ツアーを主催して従業員の参加を促しています。

【活動実績】

年度

活動回数

活動場所

活動内容

参加人数

2012

3

宮城県

瓦礫撤去

38

2013

2

宮城県

漁業支援

15

2014

1

宮城県

漁業支援

7

2015

2

宮城県

海岸捜索

18

福島県

綿花収穫

2016

1

福島県

綿花収穫

21


新入社員のボランティア研修  

当社は新入社員研修の一環として、2012年より被災地へのボランティア派遣を実施しており、これまで合計56名を派遣しています。

被災地産品社内販売会の実施

被災地産品の購入を通じて復興を支援するという観点から「食べて応援しよう!東北復興市」と称し、社内販売会を実施しています。

さまざまな支援



社会貢献ニュース

このページの先頭へ